ainet_top
あいネットで対応した相談事例についてご紹介いたします。

  • 地域で孤立している方を各種制度につなげ、生活が改善した事例

    経緯

     本人、親が遺した住宅に兄弟と2人で暮らしている。無職の上、生活費を使いすぎることで兄弟との関係が悪化して家庭内で孤立。家族全員手続きが苦手で、支払いの遅れや滞納が発生し、ライフラインを止められる、食べるものがない状態が続いていた。

    世帯の課題

    ①外部の人に対して拒否が強い。
    ②金銭管理能力やコミュニケーション能力がかなり低い。
    ③本人は働いている兄弟との同居を希望。よって生活保護を頼らない。

    支援内容

    ①食べるものがない⇒フードバンクの提供
     ライフラインが止まる⇒水道局他各種窓口にて手続き支援
    ②本人の能力をサポートするための制度につなぐ⇒  医療機関との連携、障害者手帳の取得
                                                                              各種障害サービス利用手続き支援
                                                                              社会福祉協議会の金銭管理事業
    ③収入がなく、無職⇒就労準備支援室の利用(本人の適性に合った作業)。
     障害年金の受給手続き支援

    結果

     本人が一番困っていた手続きの部分で支援することにより徐々に相談員と話ができる関係性を築いていった。就労準備支援室で軽作業を通じて自信をつけてもらい、現在は障害者事業所に通い、日々仕事に励んでいる。障害者手帳を取得後、障害年金を受給することができただけでなく、金銭管理事業のサポートを受けながら使い過ぎを防ぐことができたため、世帯収入が増えて家計状況が改善した。これにより当初仲が悪くなっていた家族も態度が軟化し、「兄弟と話がしやすくなった」と本人が嬉しそうに話していた。

  • 体調悪化のため退職し、引きこもっているうちに預貯金を使い果たし、生活困窮した事例

    経緯

     本人は単身生活。派遣会社に登録し、数年ごとに派遣先を変えながら働いていた。新しい派遣先での仕事がきつく、退職。その後うつ状態でアパートに引きこもり、預貯金を切り崩して生活していたがいよいよ手持ち金が少なくなり、心配した家族より相談が入る。

    世帯の課題

    ①手持ち金が少ない中、今後の家賃等の支払いが発生する恐れがある。
    ②仕事をすること、人と話すことが怖くなり引きこもった経緯がある。
    ③生活保護は家族関係が悪化する恐れがあるため本人は拒否。

    支援内容

    ①家賃支払い困難⇒住居確保給付金の申請⇒家賃分を数か月の間保証。
     市税等の滞納⇒市役所の各窓口にて減免申請の手続き支援。
    ②就労準備支援室にて就職活動のバックアップのための定期面談。
     ⇒心身の健康チェックを行いつつ、キャリアのマッチングをはかる。
    ③生活費の確保⇒日払い、週払い可能な派遣会社への登録支援。

    結果

     家賃は住居確保給付金を支給してもらえたため、家賃滞納で家を追い出される不安がなくなった。その安心感から精神状態がかなり改善され、当初自信がないと本人が話していた求職活動も週1回のペースでできるようになってきた。就労準備支援室に通い始めて数か月後には生活リズムが整い、月の生活もうまく回るようになった矢先に正社員の内定がおりた。当初そこで働けるかどうか不安を訴えていた本人だが、本人が取りたかった資格取得を応援する会社につき、「どこまでできるかわかりませんが、少し頑張ってみようと思います」と本人。